COFFEE 鴻城

西武池袋線 椎名町駅から徒歩10分弱の「COFFEE鴻城」。

社会人になって初めて住んだ町、椎名町。

仕事の関係で近くまで来たので、久しぶりに懐かしく歩いていました。

そのころ住んでいたアパートを懐かしく見ながら、そして返り見ながら、そこを通り過ぎたところに「COFFEE鴻城」が目に入ってきました。

住んでいた頃からこの喫茶店があるのはわかっていたのですが、まだ若かりし頃はこの風格のある、地元の人しか入店していなそうな独特な雰囲気のある店になかなか入る勇気がありませんでした。

 

 

しかし今は大丈夫、全然入れます。

入口のメニューの木板を眺めながら、今日は何にしようかとちょっと考えて扉を開けました。

喫茶店のママと近所のおばちゃん、おじちゃんがおしゃべりしていました。また若者が一名、ランチを摂っていました。

私も席に着くなり、何十年も使い続けていると思われるメニュー板を見ながら、“ブレンドコーヒー”を頼みました。

 

 

 

コーヒーも美味しいですが、この素朴な素焼きのコーヒーカップも良いです。

ママに聞けば、創業40年とか。

あの三笠会館の内装を手掛けた職人さんがその腕とセンスで作り上げたという店内内装。

なんとも重厚な作りが魅力的です。

 

 

壁も40年を経ていい茶色に仕上がっています。

また来たいお店です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です