炭火焼珈琲 蔵

池袋駅西口から徒歩5分くらいにある“炭火焼珈琲 蔵”。

池袋の西口歓楽街の真ん中に佇む、瀟洒な喫茶店。

店の入り口にある看板には「究極の味」とあります。

中に入って目を惹いたのはマスターの背後にあるカップ棚。

カップマニアの私にとっては何とも羨ましい光景です。

自宅にこんなカップ棚があったら一日眺めていると思います。コーヒーは飲まずに。

 

店内のところどころでアイテムに記されている「癒」の文字。

私はこのカップ群を見ただけで癒されます。

そして私のところに来たのは、“WEDGWOOD ROCOCO”(ウェッジウッド ロココ)。

 

 

来るたびに、今度は何のカップが出て来るかという楽しみもありますね。

水だしコーヒーの機材もダイナミックで、テーブルに自然に置いてあるので、ちょっと圧倒されます。

見入っちゃいます。

 

 

ところどころに目を惹く店の要素からして、なんか面白そうなマスターです。

今度、人の少ない時に来てみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です