GoogleがSSL非対応のサイトに警告を表示する件について

2018年7月のGooogle Chromeのバージョンアップから、SSL化していないWebサイトに対して「保護されていません」といった警告を表示させるということです。
つきましては、弊社にてWebサイトのSSL化対応の作業代行を承っております。

どうぞご気軽にご相談くださいませ。

 

お問い合わせはこちら

 

なお、SSL化とは、Webサイトの内容を暗号化し、不正アクセスなどの脅威から保護します。

SSL化していないWebサイトはデータの改ざん、情報漏洩の危険があります。

 

具体的には以下のような警告となるようです。

 

また、Googleの検索では、SSL化(https://~)に対応しているかどうかを検索順位の決定要素の1つとしています。

Googleからの重要なアナウンスになりますので、ぜひ早めのご対応をお願いいたしたいと思います。

 

お問い合わせはこちら